自宅で炭酸水 お勧めソーダストリーム


皆さんこんにちは 外資系ITノンテク社員Sugarです。 
梅雨が明けましたー!暑ーい!
今年はぜひ試してほしいのが自宅で炭酸水!

以前は、コストコでペリエを1ケース買って食事の時やお風呂上りなどで飲んでいました。甘くなくていいんです。
ただペットボトルだとゴミがすごくて大変と、ソーダストリームを購入したのが約2年前です。

本当ににこれは購入して正解でした。炭酸水は水ですから気軽に飲めますし、まぁ少しながら健康にもいいらしいです。(本当かどうかはわかりません。。)

炭酸水の作り方

作るのは簡単です。冷蔵庫にいつも専用ボトルに水を入れて用意してあるので、それをセット(ここ後で重要:スナップロック式!)

前のカバーが押せるのでシューッとなるまで数秒押して完了。強炭酸が飲みたいなら長く押しているだけです。これだけで炭酸水完成!

おすすめはソーダストリームかな

何社か出しているようですが、やっぱりお勧めはメジャーなソーダストリーム。その理由は炭酸ボンベです。どうしても炭酸のボンベの交換が必要ですが、ソーダストリームはメジャーなので近くのお店で交換できるところが多い。今後の供給も安心でしょうし。

通販でもできるみたいですが、ボンベは重いので結構送料がかかります。なのでできたら家の近くのお店で交換販売をしているところを確認しておきましょう。

ーダストリームお取扱店舗

おすすめはスピリット(って機種)

ソーダストリームも今はたくさんの種類があって値段もまちまち。どれを買っていいのかわからないかもしれません。ということで製品と機能でまとめてみました。

製品名 Source
Power
Source
v3
SpiritMini
Deluxe
Genesis
v2
全自動        
3段階調整      
スナップロック  
ボンベ 60L 60L 60L 25L 60L
対応ボトル 1l 0.5l 1l 0.5l 1l 0.5l 0.5l 1l 0.5l

  • 炭酸の強さを調整できる全自動/3段階調整ですが、炭酸の強さは押してる時間で調整できるのでなくても全然大丈夫。
  • 簡単にボトルをセットできるスナップロック は絶対必要!Genesis v2は安いのですが、ねじ回し式なので毎日使うにはちょっと面倒です。
  • ボンベ は大きい60Lにしましょう。というのも交換は面倒だから。25Lはまだ店頭での交換対応がないらしく、結局費用が高く付きそうです。

結論として、2年使っている立場からお勧めするとしたらこの中だったらSpilit
Source v3。もちろん全自動がいいならPowerです。

何か買うものはある?

まず予備ボンベを1本買っておきましょう(1本は付いています)。ボンベが空になったときに、すぐに交換できないとすごい困ります。交換したら、交換した1本を使う切るまでに、最寄りの取り扱い店で新品と交換購入しています。

500ml のボトル2本も用意しておいた方がいいかも。1Lボトルは付いていますが、1Lの炭酸を作ってもすぐに飲み切れず、炭酸が抜けてしまうことが多くて。これは飲む人の人数次第です。

シロップはお好みで。子供用にはコーラとか作れるシロップがあります。うちはコストコで買った 美酢(ミチョ)をよく混ぜて飲んでいます。果実酢などは相性がいいです。

炭酸水の楽しみ方

うちは飲むだけですが、いろんなレシピが公開されています。お子さんがいるご家庭は楽しめそうです。

他にも炭酸浴とか、洗顔とか、お米炊くとかいろいろやっている方もいらっしゃるみたいですが、やっぱり普通に飲むのが一番です!

そしてうちの会社にもやってきた

先日とうとう弊社にも導入されました。大人気で予想以上のボンベ消化率w
新たに頼まないと今年の夏は持ちそうもありません!

冷たいお水があればいいので、企業とかでも管理しやすいマシーンです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。