CureNel でセルフネイル


皆さんこんにちはガジェット大好きノンテク外資系IT社員Sugarです。
ガジェット大好きなのでよく家電量販店に立ち寄ります。
昨日ヤマダ電機に立ち寄ったのですが、発売されたばかりのFunaiのCureNelが展示されてました!

CureNelは爪に直接図柄を印刷するインクジェットプリンターです。


何年か前の展示会で発表され、昨年からKoizumiからも同じようなものが発売されてていたのですが、Funaiから6月1日に発売。
発売記念割引価格で3万円くらい。
普段なら「あー無駄遣い、そもそも自分でやるし」と我慢するんですが
店長さん自ら店頭でデモ体験させてくれて、なんか面白くない?とついつい購入してしまいました。

ヤマダ電機店頭で1本だけプリント試させてもらいました。
ということでいざ開封
はいっているものは結構シンプル・これだけ

本体とコード、インクタンク、キュアネルの下地 と薄っぺらいガイドしかはいってませんでした。普通のプリンターと同じ感じ。

アプリをダウンロード

とりあえず、アプリをダウンロードします。
App Store
Google Play

Google Play
App Store

取り扱い説明書をダウンロードすべし!

ここからがちょーっと手間取りました。ちょっと不親切wアプリとかに設定動画があるんですが、ちょっとわかりにくい。
いや、落ち着いてやれば簡単だったのかな?インクをセットするのに時間がかかり、そして、用紙台をセットするのにも手間取る。(笑)
あとから気が付いたんだけど、取り扱い説明書がPDFでありました!
これを頭からちゃんと読めばそんなに難しくないです。
動画よりわかりやすいです!
アプリと本体の接続はWifi、それさえできればあとは簡単。

さて本番!

とはいえ2週間前にジェルネイル(もちろんセルフ)した状態で爪の根本とか伸びてるんだけど、ジェルをオフしてベース作り直すのめんどくさい!ということで強引に上に重ねることにしました。
(だからとっても仕上がり汚いです(-_-;))

ベースを作る

左の状態に強引に白のカルジェルを塗りました。恐ろしく汚いw
白がいいらしいです。ほぼ透明ラメだったので白をそのまま2回ほど。

キュアネル専用プリコートを塗る

マニキュアよりさらっとした感じです。数分で乾きました。

アプリで図案を選ぶ

自分で図柄とか作れるんですが、今回は350もあるアプリに含まれる図柄を選択することに。

結構いろいろな図柄あります。拡大したり移動したりして、各指いろいろな色や図柄に変更することができます。

プリントします

慣れたらだいたい一本30秒くらいですべてできるように!

出来上がり!

下地が汚いのではみだしまくりの恥ずかしい状態ですがこんなに綺麗にできます。

白い下地が必須なのか?(要確認)

実は最初はこのモンステラ柄ではなくてグリーンの綺麗なグラデを試してました。だけどなんか白っぽくなりすぎてイメージが違う!
とリムーブしてしまいました。

白い。。もっとエメラルドグリーンぽくなるはずだった。

白いベースでないほうがよかったのか、次回ちょっと試してみます!

こちらの同梱インクですが、400プリントくらいだそうです。10本指をネイルすると30-40回できるとのこと。
暫く遊べます!w

CureNel でセルフネイル” への2件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。