外資系で通用する英語レベル


ノンテク外資系IT社員のSugarです。

派遣社員時代を含めると外資系歴も長くなりました。
なのですが
高校受験も大学受験も英語で失敗している英語落ちこぼれ組ということを最初にお知らせしておきます。

  • 上司の上司は外国人
  • 社内ヘルプサポートは外国人(日本にはそういうポシションなし)
  • 週に一度は英語会議(全員日本人)
  • 何か新しいことする時や承認取るときは英語
  • 年に何回かVP来日
  • 新しい製品が出たり、システムの説明などがあるときは本社とSkype会議

ノンテクなので、そもそも技術用語(英語?)がわからないことが多いので、いろいろな資料もかなりハードルが高い。。

という、ほぼ日本語なんだけど重要な時は英語できないと苦しいという、英語できないし、基本日本語で仕事している私には過酷な職場です(笑)

努力すればビジネスで通用する?

私の答えはほぼ  です。

全員とは言いません。でも非常にハードルは高いと思います。
うちの社長は独学(留学なし)で英語を話せるようになっていますが、本当にそういう人は稀有で、うちの会社は私以外ほぼ全員海外で勉強をしてきた人たちです。
ちなみに今の私の英語レベルは、英会話学校のスキルチェックによると
アメリカでも生活していけるレベルとの事でしたが、私の感覚だと、
ハワイのワイキキでどうにか生活していけるレベル
です。
そのレベルからビジネスで通用する英語レベルに脱却するというイメージが私には湧いてきません。
もし、私が仕事の8割とか5割が英語というなら話は変わるかもしれません。
でも私の業務はほぼ日本語、日本のカスタマーとのやりとりとなり、業務上で頭を英語に切り替える時間は1日に30分もありません。

どうやって外資系で仕事をしていくか?

とはいえ、ビジネスで通用するレベルに到達するのは難しいとしても、そこで諦めたら終わりだと思ってます。
日常英会話レベルでも継続していければ、難しいやりとりはできなくても、コミュニケーションを取ることはできます。
会社で上司にもよく言われますが、少しずつでも継続していくことが大事です。

同僚には、「仕事で英語を勉強するなんてつまらなすぎないか?」と言われましたが、私は仕事もそうですが、できるようになる達成感だけあれば結構満足できるタイプみたいで、むしろできなくて下を向いているほうがストレスです。
なのでこれからもできる範囲ではあるけどあがき続けます。

英語の勉強を楽しんでいます

先ほども書きましたが今の私のレベルは
旅行はまあ普通に行ける。
ハワイならどうにか生活していけそう。

そんなところです。
この年齢からどこまで英語力をアップしていけるか、頑張っていきたいと思います。
今どんなやり方で英語を勉強しているか、これからブログで書いていきたいと思ってます。

外資系で通用する英語レベル” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。